86世代の思考

1986年生まれの会社員が人生、ビジネスの中から得た知識、経験を中心にアウトプットしていくブログです。たまに雑記ブログにもなります。

部下の育て方!会社の環境作りが全て!教えたようには育ちません

このブログで伝えたいこと💡

f:id:k1222k:20191019142502j:image
 

【人は思うように育たない、やっているように育つ】

上司の方やリーダーの方、新人指導をする方は良く分かるでしょう。
また、子育て中の方も理解できると思います。
人は思ったように育たないということを。
 
私は立場もありますが、スタッフ達に丁寧な言葉を使いましょうと言ってます。

一応、私自身、丁寧な言葉を使うように意識してます(^^;)
昔は、違いました。
平気で汚い言葉を使っていました。
26歳から人の上に立つ立場となり、表面上だけで(心の中では本気で思っていない)キレイな言葉を使おうとか言ってました。
本当に口だけ。

私がスタッフ達になってもらいたい姿は、自分のことは棚に上げ、丁寧で美しい言葉遣いのできる人たちになってもらいたいと思っていたのです。
そのため、口を酸っぱくして丁寧な言葉を使いなさいと言っていました。


しかし、一向にスタッフ達の言葉遣いは良くなりませんでした。
なぜなら、私の言葉遣いが丁寧で美しくなかったからです。

私が言っている(やっている)ように育っていたのです。
当時からいるスタッフ達には、若く至らないところばかりの自分を温かく見守っていただいていたことを本当にありがたく思ってますm(__)m
そして、穴があったら入りたい気分(^^;)


人は意識下の教育で育つのではありません。


無意識下の教育で育つのです。

今、力を入れているのは無意識下の教育です。
あいさつもその一つ

多くのスタッフが素晴らしいあいさつをすれば他のスタッフもそのように教育されていきます。
新しく入ってこられたスタッフもそのように育ちます。


これが

 

無意識下の教育!

私たち人間が他の動物とは違うところ、それは自ら環境を作り出せることです。
私は無意識下で教育がされていく、そんな環境作りを心掛けています。

その為に必要なこと
 
私自身が言っていることとやっていることを一致させることです。
見えない世界(言葉や思考)と見える世界(行動や事実)を一致させる

たったそれだけのことなのにめちゃくちゃ難しい!
でも、私の言動と行動が一致しなければそういう環境は作れません。

だから、まずは私が意識的に言っていることとやっていることを少しずつ一致させていく必要があるのです。

よくこんな言葉を聞きます。
「うちは人が育たなくて・・・」

「人は思うように育たない、やっているように育つ」
人を育てるような立場の方は一度この言葉を自問自答してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村