86世代の思考

1986年生まれの会社員が人生、ビジネスの中から得た知識、経験を中心にアウトプットしていくブログです。たまに雑記ブログにもなります。

パチンコにハマった私の黒歴史

 

お題「わたしの黒歴史」

 

今の私を知っている人間はひょっとしたら私のことをまじめで努力家だと思ってくれている人も多いかもしれない。

今日は、お題にあるように「私の黒歴史」を語ってみる。

私の中で黒歴史だと思っていること

それは大学時代パチンコにハマってしまったことだ。

大学は単位ギリギリで卒業できたが2年生から3年生に上がるときはマジでヤバかった。

完全にパチンコ、スロット中毒状態。

自分でもそれは分かっていたが止められなかった。

今はやりたいとも思わないが何故当時はあそこまでドハマりしてしまったのだろうか・・・

 

f:id:k1222k:20191123183236p:plain

【目次】

 

 パチンコにハマったキッカケ

f:id:k1222k:20191123184929p:plain

私がパチンコを始めたきっかけは、高校を卒業してから大学へ上がるまでの間に通っていた自動車学校の空き時間の暇つぶしの為だ。

当時すでにパチンコをやっている同級生がいたのだが、その同級生に誘われて近くのホールへ行った。

ホールへ入るとうるさいし、タバコ臭いしとても長時間居られるような空間ではないと感じた。

初めて座った台は、忘れもしない「羽者の仮面ライダー」だった。

アルバイトもしていなかったから数千円のお小遣いで出来るのはそれしかない。

1,000円があっという間に消えていく・・・

こんなの当たるのか?

そう思いながら2,000円目を投入する。

そうすると・・・

当たった!

出玉は少ないが、お金を稼いだことのない当時の私からすると初めてお金を増やすことができた瞬間だった。

結果、初パチンコは5000円勝ち!

めちゃくちゃ嬉しかった。

ここで負けていたら人生は変わっていたのだろうか・・・

みんなパチンコ中毒

大学は田舎の大学だった為、授業が1コマ空いてしまうとやることがない。

そうなると、パチンコへ行ってしまう。

しかも、自分だけではない。

周りの仲間もみんなパチンコ中毒だ。

誰かが当たれば勝った奴の金で焼肉へ行く。

1コマの授業の空きだけのはずだったのに結局その後の授業もサボってしまう。

そんなダメダメな大学生活が始まってしまった。

プロレベルになる奴

どんな世界でも才能を持った人間はいるものだ。

同じようにパチンコを始めた仲間で頭角を現す奴が出てくる。

大学生の夏休みは長い。

何と夏休みだけで100万以上を稼ぎ出し、車を買い替えるようなやつまで出てきた!

そいつは自分以上に狂っていた。

自分には才能がない。

負けっぱなし・・・

 

パチンコはやらないほうがいい

最終的に4年間こんな生活をしてしまってかなりの金額をドブに捨てた。

とんでもない高い人生の授業料だった。

今となってはそう思うが当時はそんな風にはとても考えることができなかった。

なぜ、あんなハンドルを握るだけのものに多くの時間を費やしてしまったのか・・・

自分の中でも消滅させてしまいたい黒歴史である。

パチンコをやっていいことはない。

何も生み出さない

パチンコでハンドルを握っている間は何も生み出さない。

それを平気で朝の9時から閉店の22時45分までやる。全く生産性がないのだ。

例え儲かったとしても世の中に対して何も生み出していない。

生きている意味があるのだろうか?

体に悪い

最近のパチンコ屋は禁煙や分煙になっていると聞くが当時は、そんなこともなく副流煙を浴びまくりだ。私はタバコを吸わないのにこの4年間でかなり肺を汚してしまったと思う。

そして、ずっと座りっぱなしで腰が疲れる。足を組んだりしているから体もいがみバランスが悪くなる。

常に明るい光を見続けるため目が悪くなる。最悪だ。

大事な時間を失う

若い時の時間は何よりもかけがえのないものだ。

学生時代にしかできないことがたくさんあったはず。

お金は失っても取り戻すことは出来るが、時間は失ったら取り戻すことは出来ないのだ。

そして、今

今は、ほとんどパチンコをやることはなくなった。

一年に一度どうしても暇で行くぐらいだ。

行っても面白くなくてすぐに帰る。

爆裂する機種が無くなり、刺激が無くなったということもあるかもしれないがやはり他に没頭できること(仕事)があることは大きい。

パチンコのすべてを否定するわけではないが、やはりおススメは出来ない。

大学4年間は私の黒歴史です。

そんな人に誇れない4年間を過ごしておきながら、今は自分をコントロールして人を管理する立場の仕事をしている。

大学時代は、漫画カイジのような自堕落な大人になってしまうのではないかと自分でも心配していた。

そんな自分でも今はまともに働いている。

学生時代の4年間の時間を取り戻せるぐらい仕事をかんばりたい。

それが仕事を頑張る原動力の一つになっているのかも?

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!