86世代の思考

1986年生まれの会社員が人生、ビジネスの中から得た知識、経験を中心にアウトプットしていくブログです。

私が実践している仕事に使える「管理能力」を高める方法

f:id:k1222k:20200123161127j:plain

私は、介護施設の管理者として働いています。

 

介護施設の管理者ってどういう仕事を想像されるか分かりませんが、管理者と言われるだけに管理することが膨大にあります。

 

私の性格は、典型的な占いとか本で書かれている通りのB型です。

・自己中

・マイペース

・独自の世界がある

・こだわりが強い

・熱しやすく冷めやすい

あとは、やりっぱなしにしてしまうとか片づけられないとか

 

本当に良いこと書かれてないですね(笑)

 

全く気にしないのがB型ですけどね。

※B型でもそうでない人、すみませんm(__)m

 

だから、私は管理者という仕事に向いているか向いていないかと言われると間違いなく向いていない!

 

そんな私ですが、仕事で管理業務をしなきゃいかんわけです。

管理者経験は7年ほどですが、今では結構管理業務が得意になってきたと思っています。

今日のブログは、7年間の間に私が管理業務を上達させてきた方法を書いてみようかと思います!

 

管理業務が苦手な方や初めて人の上に立って人や物の管理をしなければいけない人に読んでいただけると参考になる記事かもしれません!

【目次】

T-MAGAZINE

仕事に使える「管理能力」を高める方法!

その方法は簡単です。

まずは、自分自身の管理ができるようになるということです。

 

冒頭でもお伝えした通り、私の性格は

 

ザ・B型

 

 本当に自分の管理も出来ない

・やりっぱなし

・片づけない

・書類もどこ行ったか分からなくなる

そんな人間でした(^^;)

 

自分のこともまともに出来ないのに人の事なんか管理できるはずがない!

それが私の自論です。

 

だから、考えなければいけないのは仕事の管理能力を高める前に自分を管理する能力を高めることです!

 

整理整頓ができるようになる

管理の基本中の基本!

 

整理整頓です!

 

管理が得意な人のデスクは、大体キレイ✨

 

過去の私のデスクは、全く物を置くスペースがない感じでした…

f:id:k1222k:20200123165128j:plain

※写真はイメージです。

 

整理整頓されていないデスクのデメリットとしては

・作業スペースが限られているのでストレスがかかる

・物をすぐに取り出せない

・いろいろなものに気をとられ集中力が薄れる

・いるもの、いらないものか分からなくなる

・やる気が起きない

デメリット満載です!

 

ここで重要なのが常にきれいな状態にしておくということです。

・使わなくなったものはすぐに捨てる

・すぐに分類・分別する

・使ったものは戻す癖をつける

・1日の終わりにはきれいにする

これを徹底する。

 

管理は習慣化されていないとなかなかできないものです。

だから、ポイントとしては管理することを習慣化させてしまうことだと思います。

スケジュール管理

f:id:k1222k:20200123173840j:plain

私は、仕事にしてもプライベートにしてもGoogleカレンダーをフル活用してスケジュール管理をしています。

 

そのスケジュール通り行けばいいのですが、時にはイレギュラーにも対応しなければいけません。

そうすると、否応なしにスケジュールが狂う。

 

これは正直、結構ストレスがかかる・・・

 

以前の私は、その後のスケジュールがめちゃくちゃになって結局

1日何をしていたんだろう・・・

というようなことが多々ありました。

 

全く管理が出来ておらず、自然に身を任すまま。

カレンダーには予定が入っているだけという状況でした。

 

スケジュールを管理する方法として大切なことは、

①先を見通してスケジュールを管理する

②スケジュール通りに行動する

③スケジュール通りにいかなかった時にリスケする

④こまめにスケジュールを確認・修正する

ということだと思います。

 

ビジネス用語解説!リスケとは、「リスケジュール」の略。ビジネスで使うときは「スケジュールを組み直す」「計画を変更する」という意味で使います。

これを自分の意思で何度も何度も繰り返すことによってスケジュールを管理することに慣れていきます。

予定をカレンダーに入れて管理していると思っている人がいますが、それは管理しているとは言いません。

カレンダーに予定を入力しているだけで終わってるのです。

自分の体調、体重をコントロールする

f:id:k1222k:20200123174000j:plain 

アメリカ人ではありませんが、私は自堕落で体調のコントロールができなかったり、太っている人を信用しません。

 

自分の体というものは、生きていくうえでとても大事なものです。

その体を自堕落でコントロールできない人は、何も管理できない人だと思います。

ここで大切なのが自制するということ。

生きていくうえで大事な肉体を自制心をもって管理する。

 

遺伝的に太りやすい人、体調が悪くなりやすい人

もちろん、いると思います。

それもある程度コントロールできるところ。

 

何が言いたいかというと、肉体の管理ができるということは、よほどのことが管理できる人だと思っています。

「なまけたい」「楽したい」などは、本能的に体力温存とか蓄えておくということで必要なことなのかもしれません。そんな、本能をも自制心で管理できる人は本当に素晴らしい人だと私は思います。

スマートデントとジェルのスターターキット

自分の資産を管理する

f:id:k1222k:20200123174130j:plain

私は、数年前からマネーフォワードのアプリで自分の資産を管理してます。

これめっちゃ便利!

 

家計簿でもなんでもいいですが、いくら入って、いくら出ていったかを自分で把握するということはとても大切です。

しかし、これがなかなか難しい。

 

私の場合、自販機でジュースを現金で買った時。

1,000円とかなら後でマネーフォワードに入力するのですが、100円ぐらいなら、

「まあ、いいいか!」

と思って入力しなかったりします。

 

そう、そこが未だに私の管理能力の低い所。

金額でまあ、いいか!と思ってしまっているのです。

 

金額ではなく、管理するということにフォーカスして現在意識してお金のインアウトを管理するようにしています。

相乗効果

これは、仕事でお金の管理をするようになったので分かるようになったのですが、正直プライベートでは1円、10円とかはなくしてもいい金額だと思っていました。

でも、会社でお金を管理するってそれではいけないんですよね。

キッチリ合わないと始末書です。

その感覚ってプライベートではありません。

プライベートなら確実にスルーです。

金額が合わなかったことを調査して理由を突き止めようとする。

これ、すごく大事なことです。

プライベートにおいても極力、原因を追及できる癖がついてきました。

これを繰り返すことによって管理能力がUPしていきますから。

適性検査LP

まとめ

正直、全部当たり前と言えば当たり前のこと。

管理を必要とする仕事をする場合、まずは自分という「個人」を管理することから始めることをおススメします。

 

仕事で管理することって「範囲」や「規模」が個人より大きいものが多いですよね?

 

私が師匠だと思っている人に言われたことがあります。

 

「小さいことが出来ないやつは大きいことも出来ねぇーよ」

 

組織において構成要因である「自分」も管理できてないのに組織の人や物、金を管理することは出来ないということですね。

 

管理をする仕事をしていない人も自分の人生を自分で管理するために

・整理整頓

・スケジュール管理

・体調・体重のコントロール

・資産の管理

をいつも以上に意識してみるといいと思います。

意外に出来ているようで出来ていないものですから。

白い歯で笑う

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!