Lead the Self

自分自身をリードする(Lead the Self)ために

【ビジネスパーソンスキル】リーダーシップをとるのはリーダーだけではありません!

f:id:k1222k:20200212144007j:plain

リーダーシップって聞くと、リーダーと言われる人だけが発揮する力のような感じがしまいますが、実は違います。

 

今は、どんどんいろいろなことが変化していく時代。

 

その変化を肌で感じているのは、現場から少し離れたリーダーや役職者たちではなく、お客さんや競争相手と接している現場で働く人であったりする。

 

会社の経営は変化に対して対応しなければいけないわけなので、その変化を感じているリーダーや役職者ではない人達がリーダーや役職者たちに正しく伝えていかなければいけない。

 

上司の考え方行動を変えていく。

 

これも立派なリーダーシップだ。

 

リーダーとは、ポジション地位に過ぎない。

 

リーダーシップをとらないといけないのは、現場で働いている人たちなのだ。

なので、このブログはリーダーと言われる人たち以外にも読んでもらいたい。

【目次】

目指すべき姿を描く

まずは自分がどんなリーダーに憧れるかを考えてみよう

ちなみに私が憧れるリーダーとは、YouTubeで爆発的な人気のあるマコなり社長だ。

 

どんなところにリーダーとして憧れを抱くかというと・・・

 

①嘘をつかない

②無責任なことを言わない

③向かうべき方向性を示してくれる

④偉ぶらない

⑤ポジティブ

⑥紳士的

⑦圧倒的努力をしている

⑧メリットだけでなくデメリットも話してくれる

⑨理論的に話してくれる

⑩情熱的

 ※まあ、ネット上なので本当かどうかは分かりませんが、私はそうであると信じています(^^;)

 

ザっとこんな感じのことに憧れを抱いている。

もちろん、身近な人手考えてもOKです。

リーダーシップの要素とは?

リーダーシップの要素とは行動、能力、意識だ。

行動:ビジョンを打ち出す、夢を語る、正しく伝える、考えさせる

能力:決断力がある、説得力がある、問題解決が出来る、信念がある

意識:熱心、明るく前向き、誠実、謙虚、責任感が強い

 

行動で表面的なところを抑えるだけでは不十分。

行動を起こすためには能力と意識が必要だ。

 

行動をイメージしやすいのは氷山

f:id:k1222k:20200212185540j:plain

行動は氷山の一部の部分。

 

この氷山が意味することは二つ

★リーダーは目に見える行動を通じて評価されるということ

★行動=能力×意識ということ。行動の引き出しを増やすには、能力×意識を高めなければいけない。 

 

自分の思うリーダーシップへの偏りを考えよう

先ほど私があげたマコなり社長をリーダーとして良いと思っているところ

①嘘をつかない

②無責任なことを言わない

③向かうべき方向性を示してくれる

④偉ぶらない

⑤ポジティブ

⑥紳士的

⑦圧倒的努力をしている

⑧メリットだけでなくデメリットも話してくれる

⑨理論的に話してくれる

⑩情熱的

 

これをリーダーシップの要素に当てはめてみよう

 

行動:③⑧

能力:⑨

意識:①②④⑤⑥⑦⑩

 

こんな感じかな?

 

私はリーダーシップを観る時に「意識」に偏ってみていることが多いですね。

 

マコなり社長は、会ったこともない人なのでYouTubeでアウトプットされるものだから「意識」に偏るのかもしれませんが、行動意識にも着目するともう少し広い範囲でリーダーシップを見ることが出来るかもしれません。

まとめ

★リーダーシップはポジション・地位に関係ない

★まず、目指すべき姿を描くことが重要

★3つの要素:行動=能力×意識

 

誰かに気付きを与えたり、行動を促すとき役職に関わらずリーダーシップを発揮する。

だから地位や役職に関わらず、ビジネスパーソンとしてリーダーシップを学ぶことは大切なことなのです。

 

自分がどんなリーダーシップをとりたいか?

今の自分の立場から目指すべき姿はどんな姿なのか?

 

一度ゆっくり考えてみるのもいいですね。

 

 

今日のブログは、私が学んでいるグロービズ学び放題でのアウトプットブログです!

スマホでサクッと学べるビジネススキル動画学習サービス

20代、30代のビジネスパーソンにとってこれからの時代、学び続けていくことはとても重要なことです。

もし、何を学ぼうかと迷っているようでしたら基礎的なビジネス知識の得られる【グロービス学び放題】 がおススメです!

私は無料トライアルから始め、今では一日30分は必ず時間を作り勉強しているようにしています!

ご興味ある方はこちらの記事もチェック宜しくお願いします👇

www.86generation.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!

 

【ビジネスパーソンスキル】リーダーの資質!人を巻き込み仕事をする方法その⑤

f:id:k1222k:20200211214149j:plain



今回のブログは、「リーダーの資質!人を巻き込み仕事をする方法」のシリーズ第5弾!

今日で完結です!

 

第1弾、第2弾、第3弾、第4弾のブログはこちら👇

www.86generation.com

www.86generation.com

www.86generation.com

www.86generation.com

 

 こちらを読んでいただくと話がつながると思います! 

【目次】

第1弾から第4弾まで社内を動かす力として結果を出しているリーダーの働き方の話でした。

第5弾の今回は、このリーダーたちがどのように自分たちの成長を成し遂げてきたか、どのような考え方をベーシックに持っているかという話です。

自己成長に欠かせない7つの心構え

自己成長するためには下記の7つの心構えを知っておくことが重要です。

 

①その時のベストを尽くす

②ロールモデルを頭に描く

③メンターを持つ

④自らを振り返る時間を持つ

⑤身の回りにあること全てから学ぶ姿勢を持つ

⑥学び方を学ぶ

⑦集団での自己成長を意識する

リーダーに限らずこの7つの心構えは覚えておくと自己成長しやすいと思います。

今日は、この7つの中でも私が特に重要だと思う3つのことを書いてみようと思います。

適性検査LP

 

ロールモデルを頭に描く

成果を出している人は何も考えずに成果を出しているわけではない。

自分はこうなりたい、こうしたいという明確なロールモデルを描いている。

明確なロールモデルを描けているということは、どうしたらそうなれるかということも考えられるということだ。

ロールモデルとなる人物がイメージしやすいほど、その目標に向かって成長しやすいということだ。

 

実は私にはロールモデルとなる人物が存在しない。ただやみくもに自分の成長の身を考えていた。まずは、ロールモデルを決めるところから始めるのもいいかもしれない

メンターを持つ

メンターのいい点は、自分にとって良いことも悪いことも教えてくれるということだ。

人間、年齢を重ねたり、役職が付いたりするとどうしても素直になれなくなったりするもの。

年齢や役職が上がれば上がるほど誰も何も言ってくれない。

自分にもプライドが出来ているはずだ。だから、言われたことを素直に受け入れられない人がたくさんいる。

そんな時に、自分に良いことも悪いこともしっかり伝えてくれるメンターを持つということは非常に大事なことだ。

私も最近メンターを作ったばかり、メンターに言われることはすべての事に素直になろうと思っている。

 

身の回りにあること全てから学ぶ姿勢を持つ

私は、新人だろうが自分より年下だろうが優れたところは盗み取ろうという姿勢で常に働いている。

全ての人間、起こる現象が学びになる。

常にそういった想いで働いている人は成長が早くて当然だ。

全てから学ぶ姿勢をすると、常に学びのアンテナを立て続けることになる。

これは、慣れてないと相当疲れる。

私は常にこの状況から学べるものは何かないのか?

この新人から学ばなければいけないものは何のだろうか?

とアンテナを立てて働いている。

 非常に疲れることだが慣れてこれば学びのポイントが分かってくる。

自分に足りないところであったり、相手が優れているところであったり。

だからこれは、すべてのビジネスパーソンがするべきことだと思う。

まとめ 

 リーダーの資質!人を巻き込む仕事をする方法!

このブログを書きながら思ったのが、リーダーの資質とはコツコツ小さなことを積み上げながら育って行くものなのだなと感じました。

もともと、リーダー気質の人もいるかもしれません。

しかし、このブログで書いたようなことは正直誰でも出来ることです。

ビジネスパーソンであれば、小さなプロジェクトのリーダーぐらいにはなることがあると思います。そんな時にこのブログを見返していただくといいかもしれません!

 

今日のブログは、私が学んでいるグロービズ学び放題でのアウトプットブログです!

スマホでサクッと学べるビジネススキル動画学習サービス

20代、30代のビジネスパーソンにとってこれからの時代、学び続けていくことはとても重要なことです。

 もし、何を学ぼうかと迷っているようでしたら基礎的なビジネス知識の得られる【グロービス学び放題】 がおススメです!

 私は無料トライアルから始め、今では一日30分は必ず時間を作り勉強しているようにしています!

ご興味ある方はこちらの記事もチェック宜しくお願いします👇

www.86generation.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!

 

早起きは全ての習慣の集大成!早起きできる人になりたい!

f:id:k1222k:20200208221010j:plain

ビジネスパーソンの皆さん!

 

早起きしてますか⁉

 

ご存知だとは思いますが、早起きってめちゃくちゃ良いことなんです。

 

そんなの分かってるよ~

 

という方はこの記事を読まなくても大丈夫!

知っているけど、再確認しておきたいという方は先にお進みください。

 

今日のブログは、

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術 古川武士/著

を読んだアウトプットブログになります。

きっと、読んだ後は早起きしなきゃっておもうと思いますよ。

【目次】

早起きはなぜ良いのか?

早起きが良いことなんか知ってるよ~

というビジネスパーソンも多いと思いますが、私が最も早起きが大事だと思う理由、それは・・・

 

朝の1時間は夜の3時間に匹敵する

 

ということ。

 

早起きすることは一日の時間を長くすることが出来るということです!

実際の時間が変わるわけではありませんが、朝勉強したり、仕事をすると夜3時間かかることが1時間で出来てしまうというような集中力記憶力を発揮することができます。

 

時間に追われる現代人。

時間はどれだけあっても足りません。

だから、早起きして朝の時間を制すものはビジネスを制すと言っても過言ではないでしょう!

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術 古川武士/著

習慣引力の法則

習慣引力の法則とは、

 

①新しい変化を拒絶する

②いつも通りを維持する

 

という法則で人間の脳には、一定のリズムをいつも通りに保とうとするメカニズムがあるそうです。

 

このブログを読んでいる人は早起きしたい人だと思います。

 

つまり、早起きといういつもよりも早く起きるという新しい変化を起こそうとしていることになりますね。

 

しかし、習慣引力の法則により、早く起きるという変化を拒絶し、いつも通りゆっくり起きたいというメカニズムが働くため早起きできずにいるのだと思います。

 

逆を言えば、早起きする習慣さえつけてしまえば、早起きしないことへ拒絶し、早起きしてしまうということです。

だから、習慣というのはとても大事なんです。

 

これは、私生活やビジネスシーンでもつかえそうな法則ですね。

話は少しそれますが、半年ほど前から靴を必ず揃えるという習慣をつけています。どんなに忙しい時でも必ず靴を揃えます。自分のだけではなく人の分も揃えるようにしているのです。

もう、半年もその習慣があるものですから、靴が揃っていないという状況に異常に気持ち悪さを感じてしまいます。

私の中で

いつも通り靴を揃えたい!

と習慣引力の法則が働きます。

 

こんな感じで良い習慣をつけておくと自然と良い習慣をやらなければ気が済まないというようになっていきます。

睡眠の質をサポート

早起きは習慣の集大成

f:id:k1222k:20200208224048j:plain

早起きをするには習慣引力の法則を利用するのが一番です。

なので早起きを習慣にする方法を考える必要があります。

 

しかし、早起きというのは習慣にするのが最も難易度が高いものになります。

なぜなら、早起きというのは複雑な習慣の結果だからです。

 

早起きするためには、早く寝ないといけません。

はやく寝る為には、早めに夕食とお風呂を済ませておく必要があります。

早めに夕食とお風呂を済ませるには、残業にならないように仕事をコントロールする必要があるでしょう。

仕事を効率的にこなすために・・・

 

というように1日の習慣となっているものを見直していく必要があるからです。

全ての習慣がきれいにバシッと決まった時、結果として早起きが出来るということです。

夜間の良質な睡眠をサポートするサプリメント【快眠りずむ】

早起きが失敗する8つの原因

f:id:k1222k:20200208221306j:plain

ここで具体的に早起きが失敗する8つの原因を上げておきます。

・一気に早起きシフトする
・起きる時間だけを目標にしている
・睡眠時間を削る
・生活習慣の全体を一気によくしようとする
・突発的・イレギュラーの予定に振り回される
・早起きへの明確なシフトの理由がない
・手放すものが確定していない
・早起き+αを同時にやろうとする

いくつか紹介すると、まずは、「一気に早起きシフトにする」

これは、習慣引力の法則により8時に起きていたのをいきなり5時に起きるとした場合、3時間という変化が生じます。

 

この3時間って結構大きいですよね?

 

つまり、抵抗が大きいということです。

早起きシフトにするのであれば徐々に早起きにしていくべきです。(同時に寝る時間も)

 

もう一つ紹介しておくと「早起き+αを同時にやろうとする」

これは、はっきりって超難易度が高い!

 

なぜなら2種類の新たな習慣を取り入れようとしているからです。

よくあるのが朝早く起きてジョギングをするとか勉強をするとか目標を立てる人。

 

私も結構やりがちですが、大体挫折するやつです。

 

まずは、早起きだけに集中してジョギングや勉強はやれなくてもOKとしておくことが大事です。

まずは、早起きする習慣を付けることに専念しましょう!

早く起きる為の技術・基本5原則

次に早起きするための技術についてです。早起きの技術にはこの5つがあげられます。

・起きる時間ではなく寝る時間に集中する
・睡眠負債が発生しないよう十分な睡眠をとる
・一度に一つの習慣を貫く
・センターピンに狙いを定める
・ボトルネックを想定する

 

私が気になった2つを紹介すると「起きる時間ではなく寝る時間に集中する」

朝起きるために必要なのは気合でも根性でもありません。

 

寝る時間が全てです!

 

とにかくこの寝る時間をどうするかに力を入れることによって自然と早起きしやすくなってきます。

 

次にボトルネックを想定するということ。
ボトルネックとは理想の生活習慣を邪魔する突発的な予定や誘惑です。

 

例えば・・・

上司からの急な残業依頼
付き合いの飲み会
家族との生活リズムの違い
土日のイベント
ネットサーフィン

 

私も日頃からボトルネックだらけです。このイレギュラーなボトルネックを想定し柔軟に動いていく必要がありますね。 

まとめ

 早起きとは全ての良い習慣の集大成だと私は思いました。

だから、早起きできる人は素晴らしい!

 

私はまだまだ、習慣引力の法則により本当に起きたい時間に起きることができません(^^;)

何とか、早起きの習慣をつけて人生の主導権を取り戻したいと思います!

今日のブログは、

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術 古川武士/著

のアウトプットブログです。

早起きの苦手な方にはぜひ読んでいただきたい一冊だと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!

雪道トラブルバナー

全く新しいアイデアを生み出すことよりも情報を編集する能力が必要な時代

f:id:k1222k:20200207223556j:plain

新しいアイデアを生み出したい!

 

新しいビジネスを作りたい!

 

新しいことを考えたい!

 

新しい何か・・・

 

そう思っている人多いのでは? 

 

でも、今はこの新しい何かを生み出しにくい時代。

 

なぜなら・・・

 

大体出尽くしちゃったから💦

 

恐らく画期的な新しいものというのは、今後そうそう出てこない・・・

 

 

よくYouTubeを見るのですが、みんな大体誰かのネタをアレンジして公開している。

誰のネタが大本なのかは分からないが、同じタイミングでどのユーチューバーも同じようなことを言っている。

 

気付いてました? 

 

ネタ(キーワード)は同じなのに違うように聞こえたり、違う切り口で話をしている。

 

これからの時代に大切な能力はこれだ!

【目次】

白い歯で笑う

クリエイティブな人材が重宝される時代

これからは、ユーチューバーをはじめクリエイティブな仕事が出来る人が重宝される。

 

これからその流れが加速するのは明らか。

 

だから、私もいかにそのクリエイティブな人材になれるかを常に考えている。

 

これから仕事がどんどんAIや機械によって奪われていく。

奪われていくという表現は適切ではないかもしれない。

人間がやらなくてよくなっていく。

 

そうなった場合、人間がやるべきこと。

それは、AIでは生み出せない価値を提供することだ。

これからはそれが働くことの本質になっていくのだと思う。

 

人間にしかできない価値を作ること、それがクリエイティブな人材だと思っている。

情報を編集する能力が必要

クリエイティブな人材になる為にはどうしたらいいのだろう?

クリエイティブでない私は結局いつもそこで悩まされる。

自分には才能がない、センスがない、アイデアが浮かんでこない・・・

 

ゼロから何かを考えるというのはかなり難しい。

冒頭でも述べたように、今は大体のことが出尽くした時代。

過去よりも、ゼロから作り出すということに関する難易度は高い。

 

そこで最近気付いたのが、ユーチューバー達。

同じようなジャンルのユーチューバーをみているのですが、誰かと同じようなネタを誰かもやっている。

 

そのことが流行りなのか?

と思うのですが、そういうわけでもなさそう。

 

実は完全にゼロから作っていると思っていたユーチューバーも誰かの真似(ネタをパクったり、いじったり)していたのだ!

※もちろん、全てゼロから作り上げている人もいると思うが。

 

あるものをアレンジしてオリジナリティを付ける!

それが出来る人が今のクリエイティブな人材なのではないか?

 

つまり、ゼロから作り出せるのではなく、情報を編集して新しくみえるものを作ることが今の時代に適したクリエイティブさだと思っている。

クリエイティブになる為にやっていること

クリエイティブになるということは、既存の何かをアレンジしてオリジナリティを加えることだと思い、私が今やっていることがある。

 

それは、世の中にある「私の仕事」と関係ないものと「私の仕事」を掛け合わせること。

 

普通の考え方でやっていたら絶対に合うはずがない。

そこを強引にでもマッチすることはないのか?

そうやって頭を柔らかくして考える必要がある。

その結果、私の中に起きてきた変化がある。

それは、アイデアが出やすくなったということ。

 

私は、全くアイデアの出るタイプの人間ではなかった。

きっとこれもトレーニングになっていたのだと思うが、徐々に既存の何かにアレンジを加え仕事に活かせるようになってきた。

そして、その成果がここ数年出てきたと思う。

いつかその成果もこのブログで書いてみようと思っている。

まとめ

今の私は、ゼロから何かを生み出そうという考えは全くない。

あるものにアレンジをしてオリジナルだ!

と胸を張って言えるような思考に切り替わった。

 

正直、最初はこれはクリエイティブではないし、人のパクリみたいでいやだなぁ~と思ったこともある。

しかし、気付けばみんなそうやってクリエイティブな仕事をしている。

これからは、新しいアイデアより、情報を自分なりに編集して世に出すことが求められる時代なんだと思う。

 

ゼロから何かを作り出すのではなく、情報をアレンジするという時代は私にとっては生きやすい時代です。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!

 

 

職場の情報共有は出来てますか?情報共有できている組織は人間関係も良好⁉

f:id:k1222k:20191128141635j:plain

今日は朝からイライラしていた

 

表情には出していなかったと思うが・・・

 

イライラしていた理由を私は部下が同じミスが繰り返していたからだと分析していた。

 

なんでこれができてないんだよ、どうなってんだよ?

と私が少し強めの口調で言うとその部下は進捗状況を話し始めた。

話を聞いているうちに理解した。

しまった、、、これ、自分が悪いやん

 そして、話を聞く中でイライラした気持ちは解消されていた。

【目次】

T-MAGAZINE

不安から来るイライラ

私がイライラしていたのは部下が同じミスを繰り返すことに対してではなかった。

その原因は、部下の進捗状況を知らなかったことに対する「不安」から来るものであることがすぐに分かった。

 

人は、未来が不透明だと不安になる。

 

今日の私が感じた感情は、今の現状がいつ解決されるのか?

という「不安」だったのだ。

 

その後、部下から進捗状況を聞いてそのミスを防ぐ為にどう考えているか?

いつまでに対策が出来るか?

を確認することができた。

 

それによって、私の不安が解消され、イライラな気持ちは落ち着いた。

不透明さが人間関係を悪くする

f:id:k1222k:20200206212311j:plain

 会社という組織の中で不透明なことが多いと良い職場とは言えない。

不透明な状況は不信感を生む。

給与や賞与の査定の基準

給与や賞与の査定基準が不透明だと人間関係を悪くする原因の一つだろう

「私はあの人よりも頑張っているのに」とか「なんであの人は優遇されるの?」なんて不満が出てくる。そしてどんどんギスギスした職場になっていく。それが本当かどうかも分からないのに・・・

会社の方向性が分からない

会社の向かう方向性が分からないということは、どう頑張っていいかが分からないのだ。本人はどんなに頑張って働いたつもりでも、会社が思っている「頑張り」とは違うということは良くある話。頑張っても評価されない訳だから上司や会社に対して不信感を抱く。

せっかくエネルギーを注ぐなら正しい方向に使わなければ勿体ない。

透明性のある組織にすることが人間関係を円滑にする重要なポイントの一つであろう。

 

私は立場上、グレーゾーン(不透明)の使い方を意識している。

 

世の中、白か黒かだけではない。

 

大部分を占めているのはグレー(不透明)だ。

 

だから、私はグレー(不透明)を意識するわけだが、全員に対してグレー(不透明)は大事なんだと言ってもなかなか通用しない。

 

やはり、白黒はっきりさせる必要がある。

それが上司の仕事の一つだろう。

今日の自分を振り返る

今回は、上司である私が部下の進捗状況を理解しておらず勝手に不安に思いイライラしてしまっていた。

 

しかし、私も部下として上司を不安にさせていないだろうかとふと思った。

・なぜ、今月の売り上げが悪かったのだろうか?

・なぜ、今月の離職が多いのか?

・なぜ、これだけクレームが多いのだろうか?

 

私ならそういったことを事細かく知っておきたい。

でも、伝えているかと言われたらしっかり伝えていない。

それは、分かっていると思っているから。

今日、部下と話した中でもそうだった。

そんなこと、上司である私なら分かっていて当然だと部下は思っていた。

些細なことでも情報共有することが大事なのだと再確認できた。

そして、情報共有の中で大事なのは期限を決めることだ。

それをしっかり上司である私が決めていつまでにここまでの報告が欲しいと言っておけば良かっただけの話。

今日の自分の感情がコントロールできなかったことは大反省

 

まとめ

イライラの根源を今日は「不安」と突き止めることができた。

きっとこの「不安」があることによってギスギスした人間関係になる職場も多いと思う。

 

不安を少しでも無くして円滑なコミュニケーションを図るためには、しっかり情報共有することが大切だ。

 

今は、あらゆる情報共有ツールが存在する。

 

これらをうまく活用し、会社という組織で情報共有を図れるようにしていかなければいけない。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

にほんブログ村ランキングに登録中!

👇ポチっと宜しくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

このブログをいいなと思ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加もポチっとよろしく!